元宇品町の歴史

 明治37年〜現在の町名になりましたが、その前は安芸郡仁保島村字宇品島でした。

 

 広島湾に浮かぶ小島で、山の大部分は国有林です。明治17年宇品築港の際、北方の皆実新開との間に堤防が建設され、残された1筋の水路には橋が架けられました。

 

 また皆実新開地先には宇品新開が造成され、これが同年20年広島区、同22年からは広島市の所管となって宇品町となりました。このため宇品島広島市編入時、元を冠称して町名となり、向宇品という俗称も残り、郵便局は最近まで「向宇品郵便局」でした。

 

 宇品島は古くは島の形が臥牛に似ることから牛ノ島、一説に往古広島湾を江ノ内といい、宇品島はこの江ノ内にあることから内の島と呼び、のち牛奈島・氏名島などと転訛したものという説が有力です。

 

 「芸藩通志」によれば江戸期宇品島は諸船繋留の地で、小深湊・西泊の両港があり、民家は約40戸でしたが、明治12年の「共武政表」では戸数80・人口252、舟70艘、物産は雑穀・甘藷・ブドウとなっています。

 

 宇品港は日清戦争を機に大陸進攻の軍事基地として重要な役割を果たすことになりましたが、宇品島にも陸軍運輸部の信号所(現在の宇品灯台)・広島港要塞司令部宇品倉庫が設置されました。

 

 さらに島の東岸に造成された埋立地には造船所などが建設され、夏には島の南端に海水浴場が開かれたるようになりました(明治33年頃)。臨済宗観音院は十一面観音を安置し、また境内には横綱安芸の海の墓所があり、住吉神社は享保2年の勧請となっています。

更新情報

友だち追加