防災への取り組み

元宇品は、海に囲まれた地域ですから、自主防災会が中心となり、町内会や行政とも連携し、どの程度の津波や高潮が来れば、どこまで浸水するかという、ハザードマップを各家庭に配布するだけでなく、緊急の避難所として公の施設だけではなく、丈夫で安全なマンションや民間施設などとも覚書を交わして緊急避難場所として使えるようにしています。

 

更に、避難訓練で住民の防災意識を高め、避難ルートの確認や、避難計画の問題点の確認・修正なども行ってい、小学校での防災キャンプも毎年行われています。

更新情報

友だち追加